ハッカ油スプレー容器の選び方!100均や無印良品にもある?

ハッカ油 容器ハッカ油を使う時の注意点

ハッカ油を原液のまま小分け保存したい方はこちら

ハッカ油を小分け保存して携帯する方法
なかなかなくならないハッカ油を原液のまま小分け保存して、ガンガン使い倒せる方法をご紹介します。バッグに携帯すると使い方が広がってすごーく便利ですよ♪

 

ハッカ油スプレーは、小さい小瓶のハッカ油と精製水が1本あればかなり長持ちする優れもの。精製水がなければ水道水でもイケます)

 

手軽で安価に使えるので、ハッカ油スプレーを入れるボトルも適当に安いものを使いたくなってしまいますよね。

 

でも、ちょっとまって!

 

ボトルの材質の選び方を間違えると、ハッカ油スプレーを入れた容器が溶けてしまい…

  • ハッカ油スプレーが使えなくなる
  • 容器もダメになっちゃう
  • 溶けた容器で手をケガする危険もある
  • ハッカ油で変色する床にこぼすと大惨事
  • 高いカーペットの場合も心配
  • ペットや赤ちゃんがいる家庭だと後始末中も大変

と、かなり疲弊する状況になります。

 

となると、ハッカ油の本来のコスパを実感することができません。

 

なので、少々面倒でもハッカ油スプレーの容器に使える材質は覚えておきましょう。

 

大丈夫、覚え方はすごく簡単です!

 

このページでは、

  • ハッカ油スプレーで溶ける材質・溶けない材質
  • 溶ける材質の簡単な覚え方
  • ハッカ油スプレーを入れた容器が割れた場合の対処法
  • 実際にハッカ油スプレーで容器が溶けるかどうかの実験結果
  • 100均や無印良品のスプレーボトルについて
  • ハッカ油スプレーの容器を通販で簡単に探すコツ

などをご紹介していきます。

 

ハッカ油スプレーのボトルを何にするか迷った時のために、このページをブックマークしていただけると参考になるかと思います。

 

それでは、ハッカ油スプレーの容器を探す旅を始めましょう。

スポンサーリンク

ハッカ油スプレーの入れ物を選ぶ時の注意点

ということで、冒頭でもお話しした通り、ハッカ油スプレーを自作して使う場合には注意点があります。

 

それは、ハッカ油で溶けない材質のボトルを選ぶということ。

 

ハッカ油には「リモネン」という成分が入っていて、オレンジやレモンなど柑橘系の精油にも含まれているのですが、この成分が容器を溶かしてしまう原因となります。

 

はっかるん
はっかるん

このリモネンは、風船などのゴムや買い物袋も溶けます。

ハッカ油スプレーで溶けるボトルの材質は?

リモネンが含まれているハッカ油スプレーは、ポリスチレン(PS)という材質の入れ物に入れると溶けます

 

スチロール樹脂と書かれていることもありますが、つまり発泡スチロールとポリスチレンと呼ばれるプラスチックはハッカ油スプレーのボトルには使えないということになります。

 

↓このどちらかの表記があるボトルは使わないことをおすすめします。

 

このように、「プラ」や「6」下に「PS」と書いてあると「ポリスチレン」なのでアウトです。

 

ちなみにこれは、生肉が入ってきた発泡スチロールの容器なのですが、さすがに発泡スチロールの容器に入れる人はいないですね。

 

なので、1番注意したいのはCDケースなどに使われているポリスチレンという種類のプラスチックのスプレーボトルです。

 

プラスチックのボトルは一見しっかりしてるので、ハッカ油スプレーをいれても大丈夫に思えてしまいますが、長い時間置いておくと、溶けて柔らかくなって最終的に割れます。

ポリスチレン(PS)の入れ物がハッカ油で溶けるか実験してみた!

でも、文字で言われても本当にそうなるのかよくわからないですよね。

 

なので、発泡スチロールとプラスチックのDVDケースを使って、ハッカ油で本当に溶けるかどうか実験してみました。

 

ハッカ油 ポリスチレン

放置時間:30分

使ったもの:

  • ポリスチレン容器(生肉の入れ物・DVDケース)
  • ハッカ油原液(健栄製薬)

 

今回は、わかりやすいようにハッカ油スプレーではなく、ハッカ油の原液を垂らしています。

 

ということで、まずは両方にハッカ油を数滴。

ハッカ油 ポリスチレン

ハッカ油 ポリスチレン

ケースを揺らして少しハッカ油の範囲を広げます。

 

ハッカ油 ポリスチレン

 

~30分後~

 

ハッカ油 ポリスチレン

 

まだ穴が開いたりはしていませんが、どちらの入れ物もハッカ油で少し溶けているのがわかります。…でも白い入れ物の方はちょっと写真じゃ見えないですね…。

 

特に、DVDケースの方はハッカ油の跡がのこり、達筆すぎて読めない人が書いた、ひらがなの「え」のようになっています。

ハッカ油 ポリスチレン

 

生肉を入れていた入れ物の方も、ハッカ油で溶けている部分がザラっとマットになっていて光が反射しなくなっているのがおわかりでしょうか?

ハッカ油 ポリスチレン

 

…ちょっと写真じゃ見えないですね……(´;ω;`)

 

でも、実物ははっきりとわかります。

 

たった30分の実験でもこのくらい溶けてしまっているので、ハッカ油スプレーをポリスチレン容器に入れ続けて使うのはやはりやめておいた方がいいでしょう。

 

穴が開いたり目に見える変化が少ない場合でも、実際は入れ物がゆっくりと溶けている可能性があります。

ハッカ油スプレーで容器が溶けて割れたら中身はどうする?

ちなみに、このように「容器が溶けた」場合は、ハッカ油スプレーに溶けて混ざってしまっているということ。

 

入れ物の材質が溶けて混ざって変質しているかもしれないので、中に入っていたハッカ油スプレーは入れ替えたりせず、新しいものを作って使うことをおすすめします。

 

ただ、中のハッカ油スプレーがちょっともったいないので、ゴミ箱のにおいけしや、虫よけとして庭にまいて使うなど、人には使用せず、危なくない方法で消費しましょう。

ハッカ油スプレーで溶けないボトルの材質は?

このように、せっかくハッカ油スプレーを作ったのに、ボトルが割れてしまったらもったいないし危ないですよね。

 

なので、ハッカ油スプレーの入れ物を選ぶときは、次の材質で作られているボトルを選ぶようにしましょう。

 

  • ガラス製の容器
  • 陶器の容器
  • 耐油性の容器
  • 耐アルコール性の容器
  • ポリプロピレン(PP)の容器
  • ポリエチレン(PE)の容器
  • ポリエチレンテレフタレート(PET)
  • ポリ塩化ビニル(PVC・硬質のみ)

 

同じ「プラスチックのボトル」でも、

 

  • ポリスチレン(PS)はハッカ油で溶けてしまうので使えない
  • ポリプロピレン(PP)は使える
  • ポリエチレン(PE)は使える
  • ポリエチレンテレフタレート(PET)は使える(アルコール対応と書いてあるもの)
  • ポリ塩化ビニル(PVC:硬質のみ)は使える

 

となっていて、ちょっとややこしいので、いざ容器を選びに行くときに覚えにくいかも。

 

その場合は

はっかるん
はっかるん

ポリスチレンを使うと容器が割れて警察(ポリス)が来るぞ!」と覚えましょう。(←くだらなすぎて覚えるはず)

ハッカ油スプレー容器でPETって書いてあるものは使える?

この中で手に入りやすいプラスチックは、

  • ポリプロピレン(PP)
  • ポリエチレン(PE)
  • ポリエチレンテレフタレート(PET)

という種類のボトルです。

 

PETというのは、飲み物の「ペットボトル」によく使われている材質です。

 

ですが、PETという表記があっても、アルコール対応のものと非対応のものがありますので、アルコール対応と書いてあるものを選んでくださいね。

ハッカ油スプレーに使える100均一のボトル

ハッカ油スプレーに使えるボトルを100均一で探す場合は、パッケージ裏の注意書きをよく読んでみてください。

 

「アルコールを多量に含むものには使用できません」と書いてある場合、避けたほうが無難です。

 

100均一で確実に溶けないボトルを選ぶなら、香水用のアトマイザーがおすすめです。

 

ただ、容量が小さいので庭の虫よけやお掃除など、ハッカ油スプレーを大量に作って使いたい場合は、通販などで大きい容量のスプレーボトルを選びましょう。

ハッカ油スプレーに使える無印良品のボトル

無印良品には、「PETスプレー」などがありますが、アルコール対応と書いていなければ別を探すことをお勧めします。

 

「ポリボトル」という大きいサイズ(180ml・300ml・500ml)のスプレーボトルは、ポリプロピレンを使っているので使えそうです。

 

ただ、今無印良品のネット通販をみてみたら在庫がなく、この時期だと手に入りにくいみたいなので、少しマイナーなお店でも、通販で買ったほうが確実かもしれませんね。

ハッカ油スプレーの容器を簡単に探すコツ

とはいえ…

実際にお店やネットで探そうと思っても、

 

「あれ?PEだっけ…?PS?PP…?」

「Pばっかりでよくわかんない!!!」

 

となってしまったりしませんか?

 

そんな時は、楽天などの通販サイトで「スプレーボトル 容器 アルコール対応」と検索すればOKヽ(^o^)丿

 

アルコール対応のスプレーボトルがいっぱい出てきます♪

→楽天の「スプレーボトル 容器 アルコール対応」の検索結果

 

あとは、気になる商品のページを見ながら、本当にちゃんとアルコール対応なのかどうかをチェックするだけ!!

 

はっかるん
はっかるん

これだけで、ハッカ油にも安心して使える容器に巡り合えますよ。

ハッカ油スプレーの容器の選び方まとめ

ということで、ハッカ油スプレーの容器には「ポリスチレン(PS)は使えない」というお話でした。

 

ハッカ油スプレーを作るときは、次の材質で作られたボトルを選びましょう。

  • ガラス製の容器
  • 陶器の容器
  • 耐油性の容器
  • 耐アルコール性の容器
  • ポリプロピレン(PP)の容器
  • ポリエチレン(PE)の容器
  • ポリエチレンテレフタレート(PET)
  • ポリ塩化ビニル(PVC・硬質のみ)

 

もし、間違ってポリスチレンのボトルを使って、ハッカ油スプレーで溶けてしまった場合は中身は人体には使わないようにしましょうね。

 

最後に…

 

はっかるん
はっかるん

ポリスチレン(PS)を使うと警察(ポリス)が来るから、ハッカ油スプレーには使えませんよ~!!(くだらない・くどい)

 

 

それでは、最後に願掛けを。

 

あなたがお気に入りのスプレーボトルと巡り合えますように。

 

スプレーボトル探しの旅へ…いってらっしゃいっ!!!

→楽天で「スプレーボトル 容器 アルコール対応」を検索する

コメント

タイトルとURLをコピーしました