ハッカ油を小分け保存して携帯する方法

ハッカ油 小分けハッカ油原液の使い方

ハッカ油は20ml~10mlなどの小瓶が売られていますよね。

 

多分、あなたが持っているハッカ油もそうだと思うのですが、小さいわりになかなかなくならないと感じませんか?

 

家で使う時に、

「あー…今使いたいけど、あっちの部屋に置いてあるからまぁいいや…」

みたいになっちゃったりすることないですか?

 

はっかるん
はっかるん

わたしはかーなーりっ!あります…( ;∀;)

 

そ・こ・で!

ハッカ油を小分けにして部屋のあちこちに置いたり、バッグに忍ばせておくと…めちゃくちゃ便利なんですよ♪

 

今日は、ハッカ油原液の小分け方法と、どんな使い方ができるのかについてご紹介します♪

スポンサーリンク

ハッカ油を小分けで保存する方法

ハッカ油スプレーを作ったことがある人はわかると思うのですが、ハッカ油で溶けてしまうタイプの容器はハッカ油の保存に向きません。

ハッカ油スプレー容器の選び方!100均や無印良品にもある?
ハッカ油スプレーを手作りすると、容器の選び方に悩みませんか?失敗すると溶けるんですよね。使える・使えない材質一覧・100均や無印良品の入れ物・通販サイトで検索する時に簡単に見つけられるコツを紹介します。

 

はっかるん
はっかるん

なので、わたしがおすすめするハッカ油の小分け容器はコレ一択!!

エッセンシャルオイル(精油)用の遮光瓶!!

 

「ドロッパー(=少量ずつ出るようにするやつ)」がつけられるので一滴ずつ出すことが可能です(((o(*゚▽゚*)o)))

 

はっかるん
はっかるん

5mlのボトルだとだいたい100滴ぐらい使える計算になります。

 

しかも、これ開封・未開封がわかるようになっているので、ストックする時もわかりやすくて便利。

 

オリジナルのラベルとか貼っちゃえばめっちゃ可愛いですよ(*^^*)←過去にやったことあって、すごくテンションあがったけど最近は子育てで忙しくてできてない…

 

詰め替えるときのスポイトは、ガラス製がおすすめです。(中には注射器で詰め替えている人も)

ハッカ油を小分けにした場合の使い方

わたしの場合は、小分けしたハッカ油をこのように使ってます。

■お風呂・洗面所

ハッカ油お風呂ハッカ油シャンプー・マウスウォッシュ・歯磨き・ハッカ油タオルなど

■台所・リビング

→台所のお掃除・ドリンクを作る・ハッカ油おしぼり・頭痛対策・ホワイトボードの掃除・のどや鼻の調子が悪いときに使う用など

■玄関

虫除けハッカ油マスク(スプレーを使う時も)など

■バッグ

→歯磨きができないときのマウスウォッシュ・気分転換・頭痛対策・暑さ対策・興味を持った人にあげる用など

 

例えば最近だと、このブログでは「ハッカ油マスク」が人気の記事となっているのですが、このハッカ油の香りって結構すぐなくなっちゃうんですよね。

ハッカ油マスクの香りがどのくらい香るかはこちらをどうぞです

ハッカ油マスクは匂いが気になる!学校や会社で使っても大丈夫な使い方は?
ハッカ油マスクは風邪や花粉症、鼻炎で鼻が辛い時に助けてくれる便利アイテム!でも、気になるのはミントの臭いですよね。学校や会社で使ったら周囲の人に迷惑になっちゃうのかどうかを検証してみたので、おすすめの使い方をご紹介します!

 

はっかるん
はっかるん

そんな時に、お昼休みの間とかで小分けにしてバッグに入れていたハッカ油をマスクに追加すると、また清涼感が復活します(((o(*゚▽゚*)o)))

 

あとは、使う場所使う場所でこのようにハッカ油を小分けにしておいておくと、あちらこちらにハッカ油を取りに行かなくてもサッと使えるので便利ですよ♪

 

ぜひぜひお試しください(((o(*゚▽゚*)o)))

コメント

タイトルとURLをコピーしました