ハッカ油おしぼりの作り方と使い方の注意点

ハッカ油 おしぼり 作り方ハッカ油スプレーの作り方

前回、「ハッカ油タオル」についてご紹介しましたが

「ハッカ油おしぼり」というのもあります。

 

かなり似ているのですが、少しだけ違うので

今日はハッカ油おしぼりの作り方と使い方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ハッカ油おしぼりの作り方

ハッカ油 おしぼり

おしぼりが入る入れ物に水を入れ、ハッカ油を1滴たらす。ハッカ油をしっかり混ぜたら、おしぼりをいれてしぼる。
おしぼりにハッカ油スプレーを吹きかけるだけ
【おしぼりにおすすめのハッカ油スプレーの作り方】

水道水にハッカ油を5~8滴入れて混ぜるだけ。(お好みでハッカ油の量は調節してください)

※ただし、ハッカ油スプレーを入れる容器には溶けてしまうものもあるのでご注意ください。→ハッカ油スプレーの容器についてはこちら

ハッカ油おしぼりは、タオルよりも面積が小さいので

全体にまんべんなくいきわたらせることが難しいです。

 

なので、直接ハッカ油をおしぼりに垂らすのではなく、

先に水やお湯にハッカ油を溶かしてから

その水やお湯でおしぼりを作るとうまくいきます。

 

また、あらかじめ作っておいたハッカ油スプレーを

おしぼりに2~3回吹きかける方法もおすすめです。

ハッカ油おしぼりの使い方

ハッカ油 おしぼり

ハッカ油おしぼりの使い方でおすすめなのは、

あらかじめ何本かハッカ油おしぼりを作っておき、

冷蔵庫に入れておくという方法です。

 

この時、キッチンポリ袋やジップロックなどに入れておくと

乾燥を防げる上に清潔に使えるのでおすすめです。

 

外から来たお客様に出してもいいですし

仕事から帰ってきた旦那さんに出してもいいですよね。

 

キンキンに冷えたおしぼりと、ミントのさわやかな香りで

一気にリフレッシュすることができますよ^^

 

ハッカ油 おしぼり

また、お弁当を持ってピクニックへ行くときなども

ハッカ油おしぼりがあるとちょっとうれしいです。

 

 

はっかるん
はっかるん

乾燥しないように、おしぼりケースやジップロックに入れていくといいですよ。

 

ハッカ油おしぼりの使い方で注意すること

ハッカ油おしぼりをお客様に出すときは、

あらかじめお客さんにミントの香りが大丈夫か聞いてくださいね。

 

ハッカ油おしぼりのミントの香りはすぐに消えるものですが、

ハッカ油のにおいが苦手な人もいますので、確認が必要です。

ハッカ油おしぼりとハッカ油タオルの違い

ハッカ油おしぼりとハッカ油タオルの違いは、

やはりその「面積」と「厚さ」です。

 

ハッカ油おしぼりは小さいのでかさばらず、

軽く手を拭いたりするのに適していますし、

 

ハッカ油タオルは厚くてふかふかなので

顔や首の後ろ、肩など広範囲を拭くことができますし、

お湯で作ると蒸気がたっぷり出たりと色々な用途に使えます。

 

ハッカ油タオルの作り方はこちら(微妙に違います)

ハッカ油タオルの作り方!涼しいだけじゃない便利な使い方
ハッカ油タオルの作り方を2種類紹介します。ハッカ油タオルは実は汗をスッキリさせたり涼しくなるだけじゃなく、もっと便利な使い方もあるんですよ♪ぜひおためしください!

ハッカ油おしぼりの作り方・使い方まとめ

ということで、最後に

ハッカ油おしぼりの作り方と使い方をまとめておきますね。

 

【作り方1】おしぼりが入る入れ物に水を入れ、ハッカ油を1滴たらす。ハッカ油をしっかり混ぜたら、おしぼりをいれてしぼる。
【作り方2】おしぼりにハッカ油スプレーを吹きかけるだけ
【使い方】冷蔵庫で冷やしておく、お弁当と一緒にもっていく
はっかるん
はっかるん

ハッカ油には殺菌効果があるので、清潔なおしぼりになりますよ。ぜひお試しあれ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました